スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちい
スポンサー広告


書の心
らしくないタイトルですが・・・

小学校の頃、近所に習字を習いに行ってたんです嫌いじゃないけど、とりたてて好きなわけでもただなんとなく続けていたような


高校生になって、中学から続けていたバスケ部に入ったのですが、弱くて指導者がいなくて、となりでやっているバレー部と比べるとかなりの温度差があったので、2年の途中で辞めて、楽そうな?「書道部」に入りました


結婚式で、新郎新婦の紹介の時に「新婦のちいさんは、高校では書道部に所属し数々の展覧会で優秀な成績を修めてまいりました」とお仲人さん

かなり話が大きくなっています
その場にいた、高校の悪友たちは笑っています

まぁ、その程度の書道暦なんですが・・・
1年前にかなりのスローペースで引越しの片づけをしていたら、収納の奥のほうから何やらでてきました

娘が「何コレ?見てもいい?」

私が、小学校4年のときに強制的に書かされたもので、たまたま賞をもらったもの。
しかも特別賞→金賞→銀賞→銅賞の「銀賞」

かなり中途半端な賞

でも、3年生だった娘はそれを見て「ママすご~い」と・・・
「私も習字習うママが習ってたところで」


そんなこんなで、習字を習い始めて1年経った娘

昨日は、そんな娘も参加した展覧会を見に行ってきました


5月10日 096


「お~っ水色の紙が張ってある~
水色と黄色の紙が張ってある人がいて、どちらが良い賞なのか分かりませんが「なんとか賞」をもらったようです


「ねぇ、ところでさ~ママって何賞だったっけ?」
「なんだったかな~」と、ごまかしてみる

尊敬されたのは、たった1年でした


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
ちい
家族のこと
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://daxiangmao.blog61.fc2.com/tb.php/376-94f7246f
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。