スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちい
スポンサー広告


術後
 手術前、看護師さんに「今晩はどなたか付き添いますか?」と聞かれました。
別に居てもらってもな~と思い「いいえ」と・・・

私より先に手術を終えた知り合いに「付き添いの事聞かれたけど、別に用は無いよね?」と聞いたら
「家は旦那が付き添ったけど、朝方3時ごろまでお腹とかさすってくれてた」と言うので
「そうか~」と思い夫に「付き添ってくれる?」と聞いたら「いいよ~」って・・・


でもね、9時の消灯になったらさっさとソファーに横になって寝る気モードなんですけど

仕事が忙しくて疲れてるのは分かるけど、寝るんだったら用はないのに

少しは寝られるかと思ったけど、傷口の痛みと子宮収縮の痛みと寝返りがうてないので背中も痛い
背中をさすってほしくて夫を呼ぶが熟睡してて気づかない

結局見回りに来た看護師さんに面倒みてもらいました。

夜中何度も看護師さんが来てくれるので、さすがに気づいた夫朝方は夫が背中をさすってくれましたが、朝の検温の時に看護師さんが「ご主人泊まってくれたんですね」と言うので「寝てて全然役に立ちませんでした」と言ったら「でも、いてくれるだけで心強いですよね」と苦笑い。


バナー
スポンサーサイト
ちい
ひとりごと
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://daxiangmao.blog61.fc2.com/tb.php/98-422d0232
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。